TOHOMA05 -Lifelog & Memo-

早起きのビジネスマンに関心のあるような記事を書くようにしています。

起きた時に10分間で1日のタスクを作り上げる習慣づくり。

 

 

起きた時に10分間で1日のタスクを作り上げる習慣づくり。

 
GTDすなわち“Getting Things Done(仕事を成し遂げる)”とは、あなたのタスクとプロジェクトを整理して管理する仕組みです。
「人生のプロジェクト」をGTDで整理することで,朝,目を覚ましたときに、今日すべき事は何であるかと、自身に問いかけ、そして、実行できる自分に生まれ変われるのです。
その日の生活は起床後に作成したタスクの完成度に比例するのです。
 

フィルターで操作するだけで、一日のタスクを完成させる。

 
一日の始まりは、タスク管理ツールのTodoistでリスケージュルするようにしています。
Todoistはフィルター機能が優れています。 
フィルター機能を使うと、タスク名、予定日、優先度、プロジェクト、ラベル、作成日などの属性でカスタム画面を作成することができます。
端的に言えば、緊急度の高いタスクを素早く見つけることができる方法です。
フィルターは以下の通りに設定しています。 
 

 

        

 

Routineタグの活用

 
Routineタグは毎日行うタスクです。
Routine2タグは定期的(ゴミ捨て、週次レビュー)に行うタスクです。
Routine3タグはプロジェクト内で発生、一定の期間集中して行う短期タスクです。
プロジェクトを参照しながらラベルと日付をつけるようにしています。
Today〆切りは、今日が〆切りのタスクです。予め予定されたタスクがここに表示されます。
ここで、本当に今日のタスクである必要があるかどうかを検討します。 
これらのタスクはTodoistの構文で作り込むことができます。
 
    
 
 
 
NextActionがGTDの肝
 
GTDのNextActionはタスクの進捗状況をみながら、何が「次のタスク」に当たるかを常に見当をつけておきます。
NextActionは優先順位に基づいて候補とします。
 TodoistのプロジェクトにもNextActtionとして「次の行動」を設けており、優先度1~3の中からタスクを選ぶようにしています。
 
ラベルとしてのRoutine、Routine2、Routine3があり、毎日のタスク、定期的タスク、期間限定タスクとしてフィルターで管理しています。
優先度1,2,3、今週、今月、来月のラベルとしてありますが、フィルターとして管理してます。
タスクが増えれば増えるほど、NextActionのタスクは優先度に絞り込んでいくことが望ましいです。
 
 
最後に
 
タスクを作り込むツールはTodoistである必要はありません。
タスク管理ツールはどれも皆,そのソフト独自の特徴と良さがあります。 
Todoistは優れたフィルター機能を備えています。是非、操作方法を習得してタスク作成に役立てて下さい。